シンガポール留学、自分でどのように手配したのか

S5
性別女性
留学先シンガポール

私はシンガポールに行く前にも留学経験があるので、今回の留学に関しては、エージェント費用を浮かすためにも、エージェントに頼まず、自分ですべてを手配しようと思いました。

そんな私のシンガポール留学を独自に手配した方法をご紹介しましょう。

まずは、住む場所です。

これは日本にいる前から手配するのですが、どんなサイトで家探しをすればいいかわからないので、検索サイトで、「シンガポール、レント」(もちろんこれは英語で打ちます)と入れて検索すると、色々と出てくるので、それらをチェックしましょう。
もちろん、値段で決めても良いですし、交通アクセスが良い所など、自分の希望に合った場所を探し出しましょう。

私は何度かこの留学をする前にシンガポールに行ったことがあったので、何となく位置関係はわかっていたので、すぐに立地が良いと思われて、しかも、私がちょうど渡航したいと思っていた日程で空きがあったので、予約してもらいました。

これは、ある程度日程に余裕を持ってやっておくと、渡航する際に不安が一気に解消されます。

そして、航空券に関しては、オープンで購入しても良いですが、高いです。

ですので、格安航空券を往復で購入して、帰りの分は使わずに、シンガポールから日本に戻ってくる際に、また同じように格安航空券を購入するようにした方が安くつきます。

私の場合は3ヶ月の留学で、3ヶ月オープンのチケットの方が2度格安航空券を購入するより安かったので、それを利用しました。
ちなみに、オープンチケットの場合、多くのものが復路の日付を無料で変更してもらえます。

さらに、ビザですが、これは、シンガポールにまず観光ビザ(パスポートのみ)で行けば大丈夫です。

1ヶ月間の滞在がそれで可能なので、その間に留学ビザをシンガポールで手配するということができます。

もしくは、毎月マレーシアに行けば、さらに14日、もしくは1ヶ月の滞在期間が延長してもらえるので、留学ビザを取る必要はありませんが、何度もやっていると要注意人物となってしまいますから、あまりおすすめはしません。

後は、語学学校の探し方ですが、「シンガポール、語学学校」と入力すればネットでいろいろ出てきます。

直接英語でメールを気になる学校に入校したい旨や、費用の見積もり、それに授業内容を教えてもらうなどして、語学学校選びの参考にしましょう。

できれば、最初は1週間か1ヶ月だけ申し込み、そこが合えば継続、合わなかったら違う学校に変更するというようにした方が、ストレスレスな留学生活を送れます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です