アメリカのお風呂

名前:もも
性別:女性
留学した国:アメリカ フロリダ

アメリカ滞在中にしょっちゅう、日本に帰ってまずやりたい事を想像しますが、その1番目はお風呂に入る事です。

ゆっくりシャワーを浴びて、ゆっくり熱い湯船に浸かって1時間以上かけてリラックスする事を夢にすら見ます。

こちらでは、さっとシャワーを浴びて済ます事が普通です。

特に現地のホストファミリーと一緒に住む場合、10分以上シャワーに入る事はとても嫌がられます。なぜなら、熱いお湯は長時間出ないのです。

同じシャワールームを連続で使用する場合、一人あたり5?10分しかシャワーを使用していなくても、3人目位からはどんどんお湯が冷たくなり、運が悪いと冷水でシャワーを浴びるはめになります。

欠陥住宅なのでは、と初めは思ったのですが、この10年間、ホストファミリーと過ごした時も、いろいろなアパートを借りた時も、友人の家へ遊びに行った時も、どこでもシャワーのクオリティーは満足いくものではありませんでした。

一人暮らしでも、5分以上浴びるとたいていお湯の温度は下がっていくので、シャワーを浴びながら少しずつ温度設定を上げていく必要があります。

また、湯船に気持ち良く浸かる事も難しいです。湯船は浅いため、肩まで浸かる事が難しく、また、お湯を溜めてもすぐに冷えてしまいます。

その上、高温のお湯(だいたい43度以上のお湯)は出ない事が多いです。

それでもゆっくりお風呂に入りたいと考えた日本人の友人は、別に熱湯を用意して少しずつ足すと言っていました。

アメリカ人は熱いお湯を楽しみたいと思わないのだろうか、と思わず考えてしまうのですが、「熱いお湯に浸かりたい」という話は日本人以外からはあまり聞きません。

アメリカ人は、肉中心の食生活のせいで、日本人よりも暑がりです。大学はクーラーの設定が年間を通して20度位ですし、中には家の温度設定を15度にしている人もいます。

そんな中、寒がっているのはアメリカ国外から来た人だけです。

ホストファミリーと住んでいた時には、外気が0度位まで下がると、皆大喜びで家中の窓を開け放していました。

フロリダでは、外が0度でも半袖、短パンの人すらいますし、来ていてもジャケット位です。なので、熱いお湯はあまり需要がないのかもしれません。

その代わり、プールは、ほとんどのアパートやマンションにあり、ジャグジーのあるところもあります(ただ、塩素が強いため肌には良くありませんし、比較的低温です)。

湯船がだめなら、温泉はどうでしょうか。

残念ながらフロリダには暖かい温泉はありません(その代わり、地震も起こりません)。

フロリダに唯一ある温泉らしきものは、温度が35度程度。外気が0度の時でも暖かく泳げるので最高だ、という人もいますが、はっきり言って温まる事はできません。

ただ、他の州に行けば温泉のあるところもあるので、旅行がてら行ってみるのも楽しいと思います。

しかし、こちらで人気の温泉はぬるま湯なので、熱い温泉はあまりありません。

結局、フロリダでで温まってリラックスしたい時は、私は、足だけでも温まろうと足湯をしてみたり、ぬるいジャグジーに浸かりながら、日本を思い出しています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です