ユーアーピティフル

小倉ゆな
性別女性
留学先カナダ ビクトリア

留学中、今思えばもっと貪欲に勉強漬けの日々を、探せばよかったなと思います。

なんだかんだでクラブでお酒飲んだり、ショッピング、旅行、カフェ、寝る、日本の友達と電話する。。。

もっと勉強ばっかりしてたらもっと英語が身についたかなぁ。

学校では、グラマーやライティング、リーディングにリスニングの他に、日常生活でもっとも重要であろう、コミュニケーションのクラスがありました。

プレゼンしたり、趣味の話したり、1番記憶に残っている授業は文化の違いについて話合うというものでした。
まぁ、その中でも、島の話とかをする人はいました。

突如。

なんとか島はどこどこの国のものだ、ですとか。

昔日本はそちらのお国の女性にひどいことをした、ですとか。

本当に突如です。

自らそんなに地雷を踏みに行かないで…

カナダ人の先生もブラジリアンやスパニッシュからしたらなんの話?ですから。

ですが、それを除けばとっても興味深い話ばかりです!

いくつか挙げたいと思います。

まず、わたしは当時一人暮らしをしていました。

また26歳くらいで、仕事もやっと慣れてきた四年目、とかだったので、家賃6万の1Kに住んでいました。

1Kとはいっても、部屋が11畳あったので、全然狭くはありませんでした。

いやもちろん今思うと狭いのですが。

初めての一人暮らしにしては上出来な部屋でした。

しかし、それをサウジアラビアのクラスメイトに話したら、もうそれはそれはピティフル。

ユーアーピティフル。

と連発されました。

え?なになに?と思いすぐどうゆう意味か確認すると、どうやらかわいそう。とのこと。

えっ?かわいそうじゃないよ!ふつうだよ!20代だし、六畳とかの人もいるよ。と話しましたが、もう、とにかくかわいそうだと。

サウジアラビアの女性は基本てきに一人暮らしなどできません。

カナダに来る、そう、国外に来るにも1人ではいけません。

親族の男性と一緒でなければならないので、皆さん家族と住まれてます。

あ、サウジアラビアの中でも地域によって少し文化は違うみたいなので、もしかしたらそんなことないかもしれません。

わたしが仲の良かった女性はそうだったという話です。

話は逸れましたが、そしてサウジアラビアは大家族らしく、部屋の数が数えられないとみんな口を揃えて言っていました。

祖父母にはじまり父母、兄弟、兄弟の家族が5組。などの大人数で住んでいるので部屋は10個あるしお風呂は6個ある。とかがザラなようでした。

そりゃ、わたしのお城は彼らにとってトイレみたいなもの、ピティフルか。と納得しました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です