英語留学の不安は、先生の行っていることが理解できるか?だった

ひろ
性別女性
留学先イギリスのロンドン

私はイギリスに短期語学留学をしたことがありますが、その時に一番不安だったことが、果たして先生の行っていることが理解できるかということでした。

私が語学留学を決めた時の語学力というのは、本当に内に等しいくらいでした。中学校、高校と英語の教育を受けているにも関わらず、恥ずかしいほどコミュニケーションが取れないのです。

イギリスが好きだったこと、そして英語が話せるようになりたいという気持ちで語学留学を決めましたが、果たして留学をしただけで、本当に話せるようになるのかという不安もありました。

そんな不安を抱えながら進めていった語学留学の準備。そこで私が一番に不安に感じていたことが、英語留学の学校の先生の行っていることが理解できるかということでした。

私の通った学校は、もちろんネイティブの先生がいるところです。そして一クラスに一人の先生がいて、熱心にレッスンを行ってくれるところでした。

先生の行っていることが理解できるか?始めは全く理解することが難しかったですね。

レッスンの始まりには、今日の勉強することの書かれたプリントが配られます。そしてそのプリントにそってレッスンがすすめられます。主に文章と文法のレッスンなのですが、そのプリントを見れば理解できる。でも先生が補足の説明をするときには、全然理解できないということが続きました。

そのため、私は休み時間に同じクラスの日本人に聞くということを繰り返していましたね。毎日授業は進んでいくので、きちんと理解しておかなければ、レッスンについていけなくなります。そのため、その日のわからなかったことは、その日のうちに理解できるように消化しておこうと考えていました。

わからないことは先生に聞くという方法もあったと思いますが、先生に聞くと余計混乱しそうだったので、それはしないようにしていました。

でも同じクラスの人に聞いてよかったと思います。みんな英語レベルが同じくらいだったので、みんなが理解できるようなことは自分の理解できて、難しいと感じたことは、みんなも理解できていないということがよくあったからですね。そのため、みんなであーでもない、こうでもないとよく話をしていました。

みんな気さくな仲間だったので、何でも聞きやすかったし、クラスの団結力というのは強かった方ではないでしょうか。

そんなレッスンの進み方でしたが。英語留学もだんだん慣れてくると、先生の言葉にもなれ、また英語のヒアリングも上達したのでしょうか。少しずつ理解が出来るようになったのです。

そしてだんだん、先生の行っていることがわからない!という状況が少なくなっていきました。

英語留学をする時って、やっぱりいろいろな不安が付きまといます。しかし一度やると決めたものは投げ出すことはできないですよね。

また決まった期間だけの留学なので、一生懸命にやらなければ損!英語だってそのうち慣れていくし、自然と理解できることも増えていくので、始めは不安が強くても頑張っていくことが大切だと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です