アメリカの語学留学にはホームステイが最適!

ニックネーム:みかっち
性別:女性
留学先:アメリカ カリフォルニア州

アメリカのカリフォルニア州の語学学校に通っていましたが、その際に滞在方法を選択することが出来て、学生寮、アパートもしくはホームステイという3つの種類から選べました。

私はどうせ語学留学をするならアメリカ人家庭でアメリカ人の生活や習慣、食事とかいろいろな生活スタイルを見てみたかったし、アメリカに行ってアメリカ人の友達が居ないというよりはアメリカ人と一緒に生活をしてアメリカをもっと感じたいと思ってホームステイという滞在方法を選びました。

ホームステイは学校側に選んでもらえるのですが、実際には自分が希望する家庭、例えば子供有りとかなしとかなどの選択が出来るようになっていました。

そしてある程度の趣味などを書いておいてそれを元に学校側が学校側に登録してあるホームステイの受け入れ先のリストを見ながら選んでいくというような感じでした。

実はこの語学留学で、私は初めてのホームステイ先の人の受け入れ態勢がちょっと合わなかったので、留学当初の初めの学期だけはその家庭に居させてもらいましたが、その後学校にホームステイ先の変更を頼みました。

実際に理由とかどうして合わないのかなどを学校側に話したり、1学期ごとに行われるホームステイの滞在先に関するアンケートや批評に色々と記入をすることが出来るようになっていました。

初めての滞在先の過程では留学生を受け入れることでもらえる収入を家計の足しにするのが目的だったようで、一緒に話をしたりとかいう事は滅多になく、小さな子供のお世話を私に任せるような状態だったので私は全く勉強とかも出来なくてやむなく滞在先を変えてもらいました。

次に選ばれた滞在先の過程はとてもすごく優しくて本当に家族の一員かのように受け入れてくれたのですごく嬉しかったです。

そしてその過程にも子供はいましたが、もう大学生だったので話とかも良くしてくれたし良かったです。

私がアメリカに行っていたのは私が21歳くらいだったので年齢的にも近くてすごくその点は嬉しかったです。

なのでそこの家庭とは私が1年間語学留学をしていた残りの約9ヶ月は全てその家庭で過ごさせてもらいました。

本当に滞在させてもらうホームステイの過程にもよりますが、ホームステイにして良かったと思いました。

アメリカ人の考え方、普段の生活の仕方、普段の食事面、そして日常の会話などいろいろなアメリカ人の様子が見れたので語学学校で習うこととはまた違うアメリカ人自体について学べて良かったです。

今でも私が語学留学をしていた時にお世話になったアメリカ人の家族とは連絡を取っていますが一生のお友達というよりは、もうひとつの家族が出来て良かったです。

もしこれから語学留学をされる際にホームステイを選ばれて、その家族と合わないとか受け入れ態度が悪いなどの事があった際にはなるべく早くに学校にホームステイの変更を申し込めば早く対処をしてくれるので我慢しないで楽しい語学留学生活をするためにも自分が落ち着いて勉強できたり、家族と楽しめる家庭が見つかるように迷わず学校に相談すると良いと思います。

本当にホームステイで得た経験やホームステイだから毎日が英語での生活になれたと思うので本当にせっかく語学留学をするのなら滞在方法はアパートとかではなくてホームステイがすごくオススメです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です