イギリス留学での英語上達術

名前:えぐち
性別:女性
留学した国:イギリス

私はイギリスのコベントリーにある大学に1年間留学していました。

その時に思った、限られた時間の中でいかにして効率的に英語を上達させるかというところに絞って書いていきたいと思います。

1つ目は、現地での交流についてです。

なるべく日本人とは関わらず、日本語を遮断すべきだと思いました。

どうしても日本語での会話が1番ストレスフリーなこともあり、近くに日本人がいると日本人同士で一緒にいてしまう傾向にありますが、そこはグッと堪えてなるべく日本人意外の人と過ごすようにしましう。

日本人以外の人であれば、会話の手段は英語でしか取れないので、英語を話すきっかけにはなります。

できれば話相手はネイティブスピーカーがいいです。

きれいな発音の英語の音に耳が慣れることによって、自分の発音にも影響が出て、きれいな発音が出来るようになります。

また、ネイティブの速度に慣れることで、ゆくゆくはその中に混ざって会話が出来るようになるための近道でもあります。

ネイティブ以外の、たとえば自分と同じ留学生(日本人以外)との会話でも学ぶことはあります。

相手の英語能力が低いと、こちらの英語を予測して感じ取ってくれないので、こちらも相手にわかるように単語を選んだり、文の組み立てを分かりやすいものにしたりする能力が必要になってきます。

これはある意味上級能力だと私は思っております。

また、自分の英語が間違っていると相手に伝わらないので正しい英語を話す必要があります。

また、相手の英語が自国語の訛りが混ざっていて聞き取りにくいこともあると思います。

しかしそれは、留学生に限らず、英語はペラペラだけど発音は訛りがある。

という人の英語を聞き取るのに必要な知識に繋がるので、今後いろんな国の人との会話をする中で必要な能力であると思います。

英語を話すひとが必ずしもきれいな訛りのない英語とは限りませんので。

とにかく日本語での会話をさけて、どんな相手とでもつねに英語で会話することが大切です。

2つ目は、授業の予習復習をしっかりとしていくこと。これは日本での予習復習の大切さと同じ理由です。予習をしていくことによって、授業の理解度が全然違います。

理解して授業を受けるのと、混乱しながら授業を受けるのとでは吸収力が全然違います。

また、予習していくことで、授業への自信がつき、授業中の発言が増えます。

そうすることによって先生との会話も増え、授業中の議論にも積極的に参加でき、必然的に英語をたくさん話します。ただ聞いているだけの授業と、自分も参加する授業では身になるものが全然違います。

復習もとても大切で、授業中に発言したときに、うまく伝えられなかったことや先生、他の生徒の言っていることが理解できなかったことをしっかりと調べて理解することで次はうまく伝えられるようになったり、人の使っていた言い回しを自分も使えるようになったりとどんどん英語力が上がります。結論、とにかくたくさん英語を聞いて話して、あとから自分の中にしっかりと落とし込むことを意識することが英語上達への近道であると感じました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です