シンガポールの英語ってどんななの?

S5
性別女性
留学先シンガポール

シンガポールに英語留学をすると決めた際、シンガポールの英語がどんな感じなのかというのも気になりませんか。

というのも、世界のスタンダートの英語というのは、今は世界の中心の国であるアメリカであり、アメリカではいわゆるアメリカ英語が話されています。

では、シンガポールでは、一体どんな英語が離されているのでしょうか。

まず、シンガポールという国は、イギリスとつながりのあった国です。

ということで、今現在もシンガポールには、イギリス人がたくさん住んでいて、世界ではかなり少数派と言える、日本やイギリスと同じ、車は右ハンドルで左側通行になります。

そんなこともあり、シンガポールの英語はイギリス英語なのかとほっとしていてはいけません、シンガポール英語はシングリッシュという言葉を聞いたことがある方も少なくないかと思いますが、シンガポール独特の英語が離されています。

シンガポールの国民の7割以上が、華僑となっています。

そんなことが背景にあり、シンガポールの英語というのは、中国語がまざった英語になっています。

例えば、ただ「OK」と言えばいいのですが、シンガポールでは、「OKラー」など、語尾にラーをつけるのです。

これは毎日何百回もきくフレーズですので、「ラーとは一体どういう意味なのだろう」と考えるのはやめましょう。

ただ単に、中国語のフレーズの語尾がシンガポールの英語にもくっついてしまうというだけのことです。

また、発音に関しても、アメリカやイギリスとは全く異なると言えるでしょう。
というのも、こちらも中国語ベースになっているからです。

マレー系やインド系の人もいるのですが、その人たちもやはり、その民族オリジナルの言葉の発音が癖になっているので、一般的な英語の発音とは異なります。

そして、独特の言い回しというのももちろんあります。

これは、ちょっと日本人なら理解できるかもしれません。

というのも、私たちも、例えば、「こんなことできるの?」などと言われて、できる場合には「できる、できる」と、同じ言葉を繰り返して言うことがありますよね。

シンガポールでもこの傾向にあり、例えば、できる?と聞いたら「CAN,CAN」とか「YES,YES」など、同じ言葉を連呼します。

しかも、そういった時に主語などをすっ飛ばして伝えたい言葉だけを強調するというのも、シンガポールの英語、シングリッシュの独特な表現方法だということが言えるでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です