アメリカでの週末パーティー

ニックネーム:やすえぬ
性別:女性
留学先:アメリカ

誰もが一度は行ってみたいアメリカでのハウスパーティーについての記事を書こうと思います。私の留学していた大学では、パーティハウスとして知られる家が約7件ほど、キャンパスの近くにありました。

毎週金曜日や土曜日には必ずどこかで、もしくはすべての家でパーティが行われています。

こういった情報は基本的に友達から聞くか、パーティーが行われる家の住人の友達に連れて行ってもらうことが多いです。

始まる時間は様々ですが、基本的によるの10時頃から人が集まり始め、友達から情報を得た多くの人が参加します。

終わる時間は様々であり、盛り上がりにもよります。パーティがすごく盛り上がった場合には夜中もしくは朝の4時ごろまで終わりません。

盛り上がりすぎて家に隙間がないほど人がきてしまった場合には、特別仲のいい友人を除いて、何人かが追い出されてしまうこともあります。

また、全くの他人でその家の住人に面識がなければ、追い出されてしまうこともあります。

全くの他人を家に入れることはトラブルになりかねませんから。盛り上がりにかける場合には、多くの人が早めに帰ってしまうか、他のハウスパーティに行ってしまいます。

パーティではお酒が用意されていることもありますが、多くの人がお酒を持参します。お酒をのんだり、ビアポンというゲームをしたり、ダンスしたり、いろんな人と話したりします。新しい友人を作るには最高の機会でしょう。

お酒に関して、一般的なものはビールもしくはショットでしょう。日本ではあまりショットは一般的ではありませんが、アメリカでは強いお酒をストレートでショットグラスに注ぎ、一度で飲み干します。

ビアポンというゲームはおそらくパーティで一番ポピュラーなドリンキングゲームでしょう。

普通は二人ペアになって四人で対戦します。台の上にカップをおき、卓球のボールをそのカップの中に投げ入れるというシンプルなゲームです。

このようにゲームは進んでいき、負けたほうがお酒を飲むというルールです。

ダンスはいろいろですが、男女ペアになって踊る人たちもいれば友達同士で輪になって踊っている人たちもいます。

お酒が入っているせいで、パーティではいろいろなことが起こりかねません。

初めてハウスパーティに行く際にはお酒を飲んで酔いすぎないよう、また十分に注意をして、友達と楽しんでください。また、積極的にいろいろな人に話しかけることで交友関係も広めていきましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です